2015.1.17~18 「第1回 DSB基礎講習会」

「第1回 DSB基礎講習会に参加しました」


鈴木義肢・梶谷社長と記念撮影

 平成27年1月17・18日の2日間、大阪にて開催された「第1回 DSB基礎講習会」に札幌本社から2名が参加しました。
講習会では1日目にDSBの概念や、側弯治療の歴史、材料特性や取り扱いの注意点などに触れた座学と、実際の採型デモの見学や装具の基本的設計を学ぶ実技などが行われました。2日目には製作工場(プレーリーファクトリー)に場所を移し、タイプ別に装具の設計方法のデモや、製作デモも行われ、2日間を通して実践的で高度な講習内容でした。
DSBとはDynamic Spinal Brace つまり動的脊椎装具のことであり、「プレーリーくん」の愛称で呼ばれています。これまで弊社ではプレーリーくんが考案された当初から製作方法を学び、提供させて頂いてきましたが、今回は考案された梶浦一郎先生(南大阪小児リハビリテーション病院)監修のもと、初めて公式な講習会が開催されるということもあり参加させていただきました。
今回講習会が開催される背景として、最近全国的にもプレーリーくんが普及してきている一方で、本来のDSBの概念から外れるような“モノ”も“プレーリーくん”と呼ばれる形で一部見受けられるようにもなってきているらしく、ここで改めてプレーリーくんの基本を周知させる目的があったそうです。
今回は全国から10社を超える義肢製作会社が集まり、側弯症や正しいプレーリーくんの知識について勉強させていただきました。最後には、梶浦先生から修了証書を1人ずつ受け取り、2日間の講習会は終了しました。
今回の講習ではプレーリーくんにまつわる知識が勉強になっただけではなく、製作者同士のコミュニケーションの場としても有意義なものとなり、今後のプレーリーくん製作にとって良い刺激となる機会でした。

最後におまけ・・・帰路に着こうとしたところ、新千歳空港が大雪に見舞われ便が欠航(!)になるハプニングに会いましたが、翌日の振替便までの予期せぬ自由時間に観光もできたこともあり、充実した出張となりました。

ページトップへもどる

お問い合わせ

住所
北海道札幌市中央区北4条東5丁目5-64
Tel
011-200-2777(代)
Fax
011-210-7110
E-mail
お問い合わせフォームへ
アクセス
アクセスマップ
© 2004-2012 Tamura Artificial Limbs Co.,Ltd. All rights reserved.